上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.28 Rさんの場合
私は在住日本人とは基本的におつきあいをしないのですが、それでも稀に在住日本人と会うことがあります。

私が知っている厄介な人は在住歴が長く、流暢な英語と中国語を話すアラフォーの独身女性Rさん。
このRさん、初めて来る人(男性限定)の家探しなど何かと世話を焼いてくれます。
彼女は特に仕事をしていません。
専門学校の学生でもあり(私が知る限り少なくとも5年は学生なんだけど…)、ときどきバイトで日本語講師をしています。
そういうわけで、収入は少ない。
でも生活は私より贅沢だったりする。

一体、どうやって生活しているか、謎です。

でも最近、知ったのは、単身赴任中の既婚男性と同居したり(それを知った奥さんが日本から様子を見に来たそう。そりゃ来るよね…)、何かと日本人男性にたかっているらしいとのこと。
そして帰国していく日本人から「安く譲って」と言って家電をもらい、そのままお金を払わない(その家電の行方は謎)。

先日、同居していた既婚男性の一人(現在は日本帰国)と会う機会がありました。
どうやらRさん、彼にかなりの借金をしているそう。
彼は
「貸したお金は返ってこないとは思ってる。」
と言っておりました。

…ある意味、たくましいわ。

でも、会ったりしないわ。
Rさんも私が女性だから興味がないでしょうし。

ちなみに私はRさんと食事をして、支払いをさりげなく押し付けられたことがあります。
しかもRさんから誘ったのにさ。
今、思えば、あれは誰も食事をおごってくれる人がいなくて私に目をつけただけだったと思うなぁ。
スポンサーサイト
台湾に住む日本人って、やたら台湾、台湾と庇ってうるさかったり、逆に不満が多かったりして(日本、日本とうるさい人もいる)、正直、私にとって
鬱陶しいんです。

だから、普段、接さないんだけど。

私は日本だろうが、台湾だろうが、どこだろうが、基本は同じで、いいところもあれば、悪いところもあると思ってる。
それに細かいことを言い出せば、もちろん国単位で括れない。

ちなみにこのブログは私のブログ。
だから、私が何を書こうと勝手。
私が不快に思うコメントは削除します。

私、議論とか求めてないから。
議論って、こんなところでしても無駄だし、当たり前だけど、匿名の相手と議論なんかする気は起きない。

私は外国人として、欧米人の友人達と、時折、「台湾のここがいいよねー」とか「ここが嫌かなー」とか言いながら、それも全てさらりと客観的に受け入れるのが好きです。
だって、どこに行っても、どんな違いでも、「そんなものよね」と思っているから。

この「そんなものよね」という感覚が、海外に住む上で大切だと思います。
議論は必要ないんです。
2008.08.21 泥沼人間関係
私の住む地域は日本人が少ないせいか、小さなコミュニティの中で泥沼な人間関係が繰り広げられてます。
昼メロが作れそうなくらい!

今日はその中から1つをご紹介。
昼メロ気分で、どうぞ。

注)私は鬱陶しいのが嫌なので、彼らと深く関らないように気をつけています。
--------------------------------------------------------

さて、ワタクシ、専業主婦にはなりたくないなぁとつくづく思う、この頃。
(働くのが好きだから、性格的に向いてないとも思うけど!)

なぜ、そう思ったか。
それは、ある日本人の関係を見ていて思ったのでした。

Aさんは日本人男性。台湾の会社で働いています。今後もそのまま勤めることでしょう。
家族構成は、奥さん、小さな子供2人。
奥さんは少し冷たい印象がするものの、しっかりした女性だと初めて会ったときに思いました。
(まぁ、明らかに私が女性であることで、嫌がっていたけどね)

Uさんは日本人女性。
バツイチで、Aさんより数歳年上。
家族構成は高校生と小学生の娘2人。
台湾にはAさんの働く会社に転職し、数年前にやってきました。
Bさんはお嬢さん育ちで、ほんわかとした話し方をする人です。

AさんとUさんは職場が違っていましたが、ある人が子供がいるUさんのために日本人であるAさん家族を紹介したのをきっかけに知り合ったそうです。

そう、要は2人は隠しているつもりだけれど(職場の人は皆知っている)、いい仲なのです。
そして、それは奥さんも知っている!
でも何も言わずに我慢している。
(私がUさんの話をしたときの奥さんのひきつった顔を覚えてる!)

だって事実を知ったからって、奥さんにはどうしようもない。
日本にいるのと違って、ここ台湾で頼りにできるのはAさんだけ。
そのような状況では、奥さんの立場が圧倒的に弱い。
離婚して2人の子供を抱えて、職もない日本に帰る?
それは簡単に決断できないことだと思います。
例え、養育費をもらったとしても台湾の会社からのお給料だと、日本円にすれば大した額になりませんし。
ただ、Aさんも奥さんと離婚してまでUさんと一緒になろうとは思っていないようです。

私はUさんの娘さん2人もかわいそうだと思います。
Aさんは家族が日本に一時帰国すると、Uさんの家に泊るのです。
女の子だもの。
嫌だよね。
お母さんが男の人を家に連れ込むのは嫌に決まってるよね。
(しかもAさんの小さな娘はUさんの娘をお姉ちゃんと慕って仲良し。複雑だなぁ・・・)

・・・まぁ、Aさんの奥さんが男を見る目がなかったと言えば、それまで。
(AさんはUさんだけでなく、アシスタントの女の子に抱きついたり口説いたりして、嫌がられている)

ただ、専業主婦という立場って本当に弱いんだなぁとつくづく感じたのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。