上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友達は台北を満喫して帰っていきました。
よかった、よかった。

しかし、友達のビール所望熱は思った以上でした。
「あつい。ビール飲みたい!」
だもん。

台湾では、お酒をあまり飲まない女の子が多いせいか、友達が
おやじ
に見えたわ・・・
私の友達は男前でした。

あ!でも、私もビールを飲むと、「あ~おいしい!」と言ったりする。
このとき、地元の女の子には、「おやじ」と思われてるかもしれない!!!
スポンサーサイト
2008.08.21 泥沼人間関係
私の住む地域は日本人が少ないせいか、小さなコミュニティの中で泥沼な人間関係が繰り広げられてます。
昼メロが作れそうなくらい!

今日はその中から1つをご紹介。
昼メロ気分で、どうぞ。

注)私は鬱陶しいのが嫌なので、彼らと深く関らないように気をつけています。
--------------------------------------------------------

さて、ワタクシ、専業主婦にはなりたくないなぁとつくづく思う、この頃。
(働くのが好きだから、性格的に向いてないとも思うけど!)

なぜ、そう思ったか。
それは、ある日本人の関係を見ていて思ったのでした。

Aさんは日本人男性。台湾の会社で働いています。今後もそのまま勤めることでしょう。
家族構成は、奥さん、小さな子供2人。
奥さんは少し冷たい印象がするものの、しっかりした女性だと初めて会ったときに思いました。
(まぁ、明らかに私が女性であることで、嫌がっていたけどね)

Uさんは日本人女性。
バツイチで、Aさんより数歳年上。
家族構成は高校生と小学生の娘2人。
台湾にはAさんの働く会社に転職し、数年前にやってきました。
Bさんはお嬢さん育ちで、ほんわかとした話し方をする人です。

AさんとUさんは職場が違っていましたが、ある人が子供がいるUさんのために日本人であるAさん家族を紹介したのをきっかけに知り合ったそうです。

そう、要は2人は隠しているつもりだけれど(職場の人は皆知っている)、いい仲なのです。
そして、それは奥さんも知っている!
でも何も言わずに我慢している。
(私がUさんの話をしたときの奥さんのひきつった顔を覚えてる!)

だって事実を知ったからって、奥さんにはどうしようもない。
日本にいるのと違って、ここ台湾で頼りにできるのはAさんだけ。
そのような状況では、奥さんの立場が圧倒的に弱い。
離婚して2人の子供を抱えて、職もない日本に帰る?
それは簡単に決断できないことだと思います。
例え、養育費をもらったとしても台湾の会社からのお給料だと、日本円にすれば大した額になりませんし。
ただ、Aさんも奥さんと離婚してまでUさんと一緒になろうとは思っていないようです。

私はUさんの娘さん2人もかわいそうだと思います。
Aさんは家族が日本に一時帰国すると、Uさんの家に泊るのです。
女の子だもの。
嫌だよね。
お母さんが男の人を家に連れ込むのは嫌に決まってるよね。
(しかもAさんの小さな娘はUさんの娘をお姉ちゃんと慕って仲良し。複雑だなぁ・・・)

・・・まぁ、Aさんの奥さんが男を見る目がなかったと言えば、それまで。
(AさんはUさんだけでなく、アシスタントの女の子に抱きついたり口説いたりして、嫌がられている)

ただ、専業主婦という立場って本当に弱いんだなぁとつくづく感じたのでした。

2008.08.20 スキルアップ
私の住むのは台北の端っこ。
ついでに言うと、ちょっと田舎。

ここで言う田舎の意味は、「ローカルなお店しかない」ってこと。
つまり、普通の台湾の街並みなのです。
つまり、日本人観光客が行くようなお店とか、ちょっとおしゃれなレストランとかカフェ全くないわけです。

毎日、否応なしに台湾料理。
しかも、庶民的な台湾料理のみ!

そうなると、街中に出たら、日本食や洋食や、ちょっと高級な台湾料理とか食べたくなるわけです。
だから、街にある庶民的な料理屋は知らないわ。

しかし。
台北を訪れる日本人はよく「台湾の普通の料理が食べてみたい。」なんて言うのです。

困る。

そして「台湾ビールっておいしいよね?ビールが飲めるところがいいな。」なんて言うのです。

困る。

あのさ、ビールが飲めて庶民的な料理(そもそも庶民的な料理ってどのレベル!?)が食べられるような場所って少ないんだよ・・・
外でお酒を飲むとしたら、それなりの場所だからさ。
ビンロウ噛んでるおっさん達に混じって飲みたいならいいけどさ。

最近は一応、日本人を連れて行ける私の思う庶民的なお店を見つけました。

しかし。
日本のビールのほうが絶対おいしいよ。
住んでいると、安さで台湾のビールを選ぶことはあっても、そうじゃなければ台湾ビールは飲まないから。
他の外国人だって皆、海外のビールを選ぶもんね(てか、台湾人もそうだ)。

最近は、「台湾のビールはさっぱりしてるかな(味がない)。飲みやすいかもね。」と答えるようになりました。

こうやって、徐々に日本人対応のスキルをあげていくのかも。
「こっちは日本より涼しいよー」
と言っても、日本在住の友達は誰も・・・
信じてくれない!ヽ( ´ー`)ノ

本当に涼しいのに・・・(もちろん北海道や東北のほうが涼しいとは思うけど、東京よりは過ごしやすいわ)

暑くても風があるし。
風がなく蒸し暑いなぁと思いきや、スコールのような雨が降って涼しくなるし。
意外と暑さを感じてません。

おかげで今年の夏は夏ばてせずに過ごしてます♪


写真は香港の有名なデザートのお店「糖朝」。
台北にも何軒かオープンしてます。
きっと日本にもあるはず。
ドライアイスでもわ~とヒンヤリ。
この演出が楽しい♪

P7190096.jpg
2008.08.16 訪問者
月末は友人が遊びにきます。
台北は近いし、ツアーも豊富。
これで遊びに来るのは、2組目。

今回の友人は観光もセットになっている一般的なツアーで来るそう。
一応、フリータイムも半日くらいあるとか。

しかし。
驚いたのはツアーの内容。
1日で、故宮、忠裂祠、チョウフン、夜市を巡るらしい((((( ̄∀ ̄;)
・・・なんてハード。

きっと故宮なんて、お宝のアイドル「白菜」くらいしか見ないんだろうなぁ。
もったいないなぁ…
2008.08.14 驚かない
台湾にきて、本当にすんなり慣れた私(いや、台湾に限らずどこでもそうなんだけど)。

おかげで、普通の日本人が「え?」と思うことを見過ごしていたのに気づきました。

例えば、餃子。
餃子はこっちでは主食。
餃子を食べるとしたら、「餃子とスープ」で終わり。
今では、「餃子とごはん」「餃子定食」なんて、「ごはんとパン」で食事しているような感覚になります。
でも、この違いは日本人の同僚が指摘するまで気づかなかった…。

そして夏でも鍋。
昨日、私が鍋を食べていたら、同僚が「日本じゃ夏に鍋なんて食べないよね?」と言っていて、気づいたのでした。

うーん。抵抗なく慣れることができるのはいいことだけど、私には海外で生活するうえでの、ちょっとした驚きが欠けているんじゃないかしら( ̄∀ ̄;)
まぁ、日本と比べることをあまりしないから、日本と比較して驚くことがないだけなのか・・・
それとも根本的にあまり興味がないのかもしれないなぁ。
恋人とは折が合わないので、険悪な雰囲気になりがち。
ある日、ついに「私といて楽しい!?」と聞いてみた。

「楽しくないね。」

「そうだよね。だったら、別れたほうがよくない?」

「そうだね。それでいいよ。」

「じゃあ、そうしましょう。」

という会話が行われました。

しかし、その後、電話で、
「僕はもっとしっかりしないといけないね。」
などと言っていましたけど、何でだ?

別れたんだよね?
私は別れてスッキリしたいんだけど。

もう少し様子をみて、きっちり話す必要があるかもしれないなぁ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。