上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、所用を済ませていると、

「あの、どこか海外の大学にいたのですか?」

「いや、日本だけですよ。日本の大学を出て、日本で少し働いて、それからここに来たの。」

「えぇ?本当に?すごく英語上手ですよね。僕のお客さん、結構日本人がいるけど、あなたが一番上手ですね。」

「あはは。ありがとう。私は中国語が話せないから、英語じゃないと仕事ができないし。ただ、私の会社は全員が英語を話すから、私は中国語を覚える機会が全くないの。」

と。

英語が上手といわれても、普段は嬉しくない
だって、私ってば、上手とか言われるくらいしか英語が話せないのかなと思うから。
特に日本人と比較して英語が上手って言われても、日本人の英語が下手と知っているだけに嬉しくないのだ。
(よく、文法はあっているが、意味が伝わらない英語を話す日本人がたくさんいる)

でも、今回は嬉しい。

だって、海外の大学で勉強したと思われるほど、私の英語が上手だったってことだから。

うん、英語ってね、実践が一番早いわ。
でも本当に話せるまで2年かかるものだなぁと思うのでした。
私は3年かかったけど。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。