2011.11.03
上司に聞かれた質問。
「僕が咲子に僕の元に残ってほしいと思っているのは知ってるよね。咲子、僕に何て言ってほしいの?」

その後、また話す機会があって、

I want you to say... you are so special to me.
(とても特別って言ってほしい)

と答えた。

上司の返事は、

「特別だよ!絶対に!もう、特別じゃなかったら、こんなに一緒にいないよ?」

と。

そっか。

上司は、さすがに私より年上だけあって、何ていうか、駆け引きも上手。
私のほうがふりまわされてるもんね。
計算高くいかなきゃなー。
でも相手のことが読めないから、難しいんだよね・・・
スポンサーサイト
Secret