修羅場らしい時を過ごしました。
私の気分次第なのだけど・・・

「私を好きなんて嘘だよ。」

「嘘じゃない。」

「嘘だよ。そう思えない!」

「もし、僕が本当にサキを好きじゃなかったら、サキとの子供を考えたりしないよ。」

「は?」

「サキは前に僕に、”子供がほしくなったらあなたの子供がほしいわ”といったでしょ。そのとき、僕は”考えるよ”って答えたでしょ。好きじゃなかったら、そんなことを考えたりしないよ。」

「だって、”考える”って、その場しのぎの返事かと思ってたよ。」


「違うよ。子供を作るのにベストな環境とかタイミングとか色々考えることがあるでしょ。そういう意味の”考える”だよ。それでも僕が好きじゃないって言うの?」


「言わない」

「将来のことは分からないよ。サキと結婚することがあるかもしれないし、ないかもしれない。サキが他の人を愛することもありえるし。でも、それでも僕はサキを好きだよ。」

「・・・」

あのう・・・何なのでしょうか?
一体、何を考えているのか、さっぱり、分からん。
分からないよ、私には。

スポンサーサイト
Secret