上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.13 4月は台湾
4月は台湾に引っ越しに行ってきました。
全ての荷物を引き取ってきたので、前の職場にいく必要はもうない!

でね、もちろん、彼が出てくるわけですが、彼のへたれっぷりに何て言うか・・・言葉がない。

時系列でお話ししましょう。

【1日目】
到着後、すぐに前の職場へ。
同僚が家電が欲しいといっていたので、家に見に来ることに。
彼らと家に向かう途中、向こうから歩いてくる彼に鉢合わせ。
で、彼女に頼まれたっぽい買い物を下げてました。
私を見て、引きつった会釈をしながら、歩いていった。
その後、職場に戻ると、彼は帰っていた(普通は帰る時間じゃないんだけど)。

【2日目】
職場の引っ越し。同僚に手伝ってもらったおかげで、無事、終えました。

【3日目】
仲良しの同僚の結婚式。
呼ばれた招待客のほとんどが職場の同僚。
で、私のテーブルはすごくいい場所だったのですが、そこに2つ席が空いていました。
もしかして、彼と彼女のかな?
私が来ているのを知って欠席したのかな?

【4日目】
職場と家の引っ越し。
ネットの解約やら色々。
夜は同僚が家に来て、色々と持っていてくれたので、助かりました。
私の家の荷物はなんとダンボールLサイズでたったの5箱。
職場はその3倍でしたけど。
で、彼ですけど、午前中オフィスの電気が消えていたので、いないと思っていたのです。
そして、夕方、薄暗く電気がついてる?(多分、全部はつけずに部分的に電気をつけてる?)
もしかして、ずっと電気を消して部屋にいたのかな?
こざかしいというか・・・そこまでするかって思いましたよ。
しかも夕方、同僚と立ち話をしていたら、彼が給湯室にいくために出てきたのです。
離れた場所で暗くて表情は見えなかったけど、私がいるのを認識した様子。
で、私が話している間ずっと給湯室から出てきませんでしたよ。
そして、その後、すぐ帰宅したようです(部屋の電気が完全に消えてた)。

【5日目】
業者さんに荷物の引き渡し。そして帰国。
この日、彼は途中から会社に来た様子。
私が既に帰ったと勘違いしたんだな。普通に電気がついてました。

こんな感じでした。
別に私は彼と会話を交わそうとも思ってなかったのにね。

・・・彼、情けなくない?
私に謝ってもいいと思うけど、それすらせずに逃げ回るって。
私、こんな格好悪い人、好きだったのかなぁ?
まぁ、あわせる顔がないのは、分からなくもないけど。

で、6月に会議があるのですが、それは今の会社や複数の会社が集まる会議なのね。
場所はアメリカ。
彼も参加予定のはずですが、来るかしら?
だって、私が行くのは彼も知ってるもんね。

なんか、この4月以降は、彼のことが好きだった自分がばかばかしいと思えるようになりました。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。